商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・株365取引被害!

【先物取引被害・先物被害】

最近の被害相談について 詳しくはこちら

米雇用統計詳しくはこちら

先物取引被害は特殊な事案になります

専門的に取り扱っていないと解決はできません。例えて言うと「お腹が痛いのに歯医者に行っても駄目」というのと同じです。ですから、「弁護士ならどこの誰でもよい」というのは間違いです。
相手の会社には先物取引に精通している顧問弁護士がいるからです。

先物取引被害について

ほとんどの方が先物会社からの勧誘により始まります。
「必ず儲かります」「任せて下さい」「損は限定」
「この時期だとほとんどリスクはありません」
リターンに関する話が多くリスク説明は少ないのが事実です。実際に取引を開始して損する方の多くが
「ここまで損するとは思わなかった」
「最初の投資金も損は限定といっていたのに」
「どうしても必要なお金だったのに」
などと言われていて、納得できないのが実情です。

チェックリストを見て一つでも当てはまるなら確実に被害者で被害金です。

色々な書類に署名、押印して自己責任と諦めている方もいますが損金の全てが自己責任ではありません。相手にも必ず責任はあります。過失相殺と言いますが相手の過失分については損害賠償請求をして被害の回復が可能になります。

取引の中で最も悪質な取引は「両建て」です。買いと売りの両方を持つことですが何の意味もなく先物会社の手数料目当ての取引であることは間違いありません。「限月」や「数量」をかえて「両建て」をごまかそうとする取引員もいます。他にも色々な手法で手数料稼ぎをしてきます。

先物取引に参加しない人は、先物会社に勤務している人の家族だと思います。

取引終了後に「取引終了確認書」のような書類に署名押印させて自己責任と思わせる悪質な会社、取引員(営業マン)には注意が必要です。
「債権債務はありません」「訴えません」「自己責任です」といった文言が一つでも記載されていれば署名押印はしないでください。強引に署名押印を求める悪質な業者もあります。

自己責任と諦めている方、泣寝入りしている方、書類を捨てて手元にない方、家族に内緒の方、まずは無料相談までご連絡下さい。
相談してから諦めても遅くはありません。

「少しでもおかしい」と思う方は相談して下さい。
先物取引被害無料相談専用
 通話料無料フリーダイヤル 0120-694-060 
受付時間 8:00~20:00
土・日・祝も受け付けております。