相場について 2017/11/21 | 商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・株365取引被害!

市況  11月21日

相場について


NY株式:ダウ72ドル高
20日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は72.09ドル高の23430.33、ナスダックは7.92ポイント高の6790.71で取引を終了した。
ドイツの政局混乱に対する懸念が一服し買いが先行。10月景気先行指数が予想を上振れたほか、先週の株価下落を受けた買い戻しが入り、堅調推移。一方で、税制改革を巡る不透明感から投資家のリスク回避姿勢も根強く、上値は限られた。

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円63銭で引けた。
米国の10月景気先行指数大幅な伸びを示したことや、根強い税制改革実施への期待で米10年債利回りが上昇したため、ドル買いが優勢となった。

ニューヨーク商業取引所NYMEXのWTI先物12月限はマイナス0.46ドルの56.09ドルで取引を終えた。
石油輸出国機構主導の減産体制の期限延長への期待はあるものの、原油需要の増加に対する懐疑的な見方があることや減産期限がいつまで延長されるのかはっきりしていないことから、ポジション調整的な売りが優勢になった。為替相場がドル高に振れたことも嫌気されたようだ。

ニューヨーク商品取引所COMEXの金先物12月限はマイナス21.20ドルの1275.30ドルで取引終了。
米税制改革法案に反対していた一部議員が協議の進展を示唆していることから、クリスマスまでの法案可決への期待が高まったことが要因。長期金利の反転や欧米株高を意識してリスク回避の金買いは大幅に縮小した。大手金融がリスク志向を高めているとの見方も浮上しており、一部短期筋は金先物の買いポジションをさらに減らすとみられている。







金が下がっています、先物被害では金の取引が最も多いので注意して下さい。
先物被害のほとんどが両建てに関係しています。
先物被害とは両建てから始まると言っても間違いではありません。