行政処分・事例 | 先物取引、スカイプレミアム、フリッチクエスト、投資被害、排出権、CO2

無登録でFXや暗号資産などの金融商品を勧誘した疑いで男逮捕 約8億5000万円を集めたか(岐阜)

「リスクはゼロ」「やらない手はない」無登録で出資を募った疑いで逮捕の会社役員の勧誘手口 FXや仮想通貨への投資話で8億5000万円集めたか

令和6年1月10日
引用 CBCテレビ

無登録でFXや仮想通貨への投資を持ちかけたとして逮捕された岐阜市の男が、出資者に対し「リスクはゼロ」などと勧誘していたことが分かりました。

1月10日朝に送検された岐阜市東金宝町の会社役員の男(66)は2019年11月から2020年7月頃までの間に、無登録で知人2人にFXや仮想通貨への投資を持ち掛け、合わせて230万円を出資させた疑いがもたれています。

警察によりますと容疑者は自宅でセミナーを開くなどして「リスクはゼロ」と元本保証をした上で「毎月7%から8%の配当が出る」などとうたい、出資を促したということです。

(被害を訴える男性)
「『寝ているうちに増えたぞ』と『これはやらない手はない』と誘われた。(元本を出金しようとしたら)連絡も取れないし、何の返事もない」

容疑者は容疑を否認していますが、警察は出資者は約680人で総額は8億5000万円に上るとみて調べています。

 

被害総額は約8億5000万円か 無登録で暗号資産などの金融商品を勧誘した疑い 66歳の会社役員の男を逮捕

令和6年1月9日
引用 ぎふチャンDIGITAL

無登録で暗号資産などへの出資を勧誘したとして、岐阜県警は9日、岐阜市の会社役員の男を逮捕しました。

金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで逮捕されたのは、岐阜市東金宝町の会社役員の男(66)です。

警察によりますと、男は2019年11月から2020年7月までの間、無登録で暗号資産やFXへの勧誘をした疑いです。

男は愛知県で開かれた投資セミナーで、知人2人にドイツやバヌアツ共和国の暗号資産投資運用事業などに出資すればリスクゼロで配当を受けることができるなどと投資話を進め、現金230万円を得ていたということです。

調べに対し、男は容疑を否認しています。

警察は押収した証拠品から、被害者は約680人、被害総額は約8億5000万円にのぼるとみて、捜査を進めています。

 

被害総額は約8億5000万円か…無登録でFXや暗号資産などの金融商品を勧誘した疑い

令和6年1月9日
引用 名古屋テレビ

資格が無いにもかかわらず「7%から8%の配当が得られる」などと言い、出資を募ったとして会社役員の66歳の男が逮捕されました。

警察によりますと金融商品取引法違反の疑いで逮捕された、岐阜市の会社役員の男(66)は、業者として内閣総理大臣への登録が無いにもかかわらず2019年11月から2020年7月ごろにかけて、知人の60代の男性2人に対しFXや暗号資産の商品を勧誘した疑いがもたれています。

調べに対し容疑を否認しているということです。

容疑者は「7〜8%の配当が出る」「リスクはゼロ」などと言って出資を募っていたとみられています。

警察は被害者はのべ680人、被害総額は約8億5000万円に上るとみて調べています。

 

金融商品取引法違反の疑いで会社役員の男逮捕 岐阜市

令和6年1月9日
引用 中京テレビ

国の業者登録を受けないで知人らに高配当をうたった金融商品への投資を持ちかけ出資させたとして、岐阜市の会社役員の男が逮捕されました。男はあわせて約8億5000万円の出資金を集めていたとみられています。

金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたのは、岐阜市東金宝町の訪問介護事業会社役員の男(66)です。

警察によりますと、容疑者は業者として国の登録を受けないで2019年11月から2020年7月ごろまでの間、名古屋市内や自宅で、知人2人に対して月利7%から8%の配当がもらえるなどとして、ドイツに拠点があるとされる会社の金融商品への出資を募った疑いがもたれています。

調べに対し、容疑者は容疑を否認しているということです。

容疑者は投資セミナーを開催して出資者を集め、2019年9月から2021年1月までの1年4か月の間に、のべ約680人から約8億5000万円を集めていたとみられ、警察が金の流れなども含め詳しく調べています。

 

無登録でFX取引などに出資させた疑い 会社役員を逮捕

令和6年1月9日
引用 NHK

国の登録を受けないまま外国の通貨を売買するFX取引などへの投資を勧誘し、出資させたとして岐阜市の会社役員が金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、岐阜市東金宝町の会社役員の男(66)です。

警察によりますと、国の登録を受けないまま、令和元年から翌年にかけ7%から8%の配当を受けることができるなどと伝え、FX取引や暗号資産への投資を勧誘し、知人2人にあわせて230万円余りを出資させたとして金融商品取引法違反の疑いが持たれています。
知人側から「FXの出資金を管理している会社のホームページが閉鎖されている」などとして去年、告発が寄せられ、警察が捜査していました。

調べに対し、容疑を否認しているということです。
会社役員の自宅からは令和元年から3年までにおよそ680人が8億5000万円を出資していた記録が見つかったということで、警察は詳しいいきさつを調べています。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700