相場について 2017/08/16 | 商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・かぶちゃん農園・ケフィア事業振興会・かぶちゃん農園被害・かぶちゃん農園詐欺・ケフィア事業振興会被害・ケフィア事業振興会詐欺

市況  8月15日

相場について


NY株式:ダウ5ドル高
15日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は5.28ドル高の21998.99、ナスダックは7.22ポイント安の6333.01で取引を終了した。
北朝鮮がグアム沖へのミサイル発射を見送るとの報道を受けて、投資家心理の改善から買いが先行。
7月輸入物価指数が予想に一致したほか、堅調な7月小売売上高や8月NAHB住宅市場指数も好感された。一方で、主要小売決算が嫌気されたほか、高値警戒感による利益確定の動きも広がり、売り買いが交錯する展開となった。

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円69銭で引けた。

ニューヨーク原油先物9月限は小幅安、9月限終値は47.55ドル、マイナス0.04ドル。
米国内におけるシェール増産を嫌って原油先物は一時47.02ドルまで売られたが、16日発表予定の米原油在庫統計への期待でショートカバー的な買いが入った。好調な米経済指標も買い材料となったようだ。ただ、市場関係者の間では「OPEC加盟国・非加盟国による減産順守や原油需要の世界的な増加が原油価格安定のための必要条件」との見方が依然として多い。

ニューヨーク金先物12月限は続落、12月限終値は1279.70ドル、マイナス10.70ドル。
北朝鮮がグアム沖へのミサイル発射を見送るとの報道を受けて、投資家心理の改善から米国株は買いが先行。地政学リスクへの警戒感が後退したことから金は利益確定の売りが優勢となった。日足チャートでは1300ドル台手前で跳ね返されている。