相場について 2016/07/15 | 商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・株365取引被害!

7月15日

相場について


NY株式:ダウは134ドル高
NYダウ   終値 :18506.41  前日比:+134.29
      始値 :18414.30  高値 :18537.57  安値 :18414.30

14日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は134.29ドル高の18506.41、ナスダックは28.33ポイント高の5034.06で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、生産者物価指数が堅調、さらに良好な企業決算や原油高も好感され、終日堅調推移となった。
本日、ニューヨーク証券取引所に上場したモバイル向けメッセンジャーアプリのLINEは公開価格を大幅に上回る好調な出だしとなった。

14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円40銭で、ユーロ・ドルは、1.1118ドルで引けた。ユーロ・円は、118円03銭から116円94銭へ下落した。

ニューヨーク原油は反発、8月限終値は45.68ドル、プラス0.93ドル。ドルが主要通貨に対して下落したこと、NYダウが連日で史上最高値を更新したことも材料視された。 日足チャートでは、45ドルでの攻防を迎えている。切り上がる100日移動平均線がサポートライン、50日移動平均線は上値抵抗ラインとして機能しそうな状況にある。

ニューヨーク金は反落、8月限終値は1332.20ドル、マイナス11.40。欧米株の強い動きを受けてリスク選好の地合いとなり、安全資産の金は売られた。日足チャートでは、年初来高値圏で上げ一服となっている。いったんは50日移動平均線レベルを試す調整が入る可能性もある。