米雇用統計 | 商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・株式会社ferix・株式会社フェリックス・株式会社きれい・株式会社ferix被害・株式会社きれい被害

米雇用統計

米雇用統計とは、米国の労働省が毎月発表する、雇用情勢を調べた景気関連の経済指標をいいます。これは、全米の企業や政府機関などに対してサンプル調査を実施し、失業率、非農業部門就業者数、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給などの10数項目の数字が発表されます。
一般に雇用情勢の変化は、個人所得や個人消費などに波及し、また今後の景気動向にも大きな影響を与える数字です。
本統計の中でも「非農業部門就業者数」と「失業率」の2項目が特に注目されており、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策の決定にも大きな影響を与える。なお、毎月、米雇用統計に先だって、消費者信頼感指数、ISM製造業景気指数、ADP雇用統計などでも雇用関連の数値の発表があり、これらを参考に様々な思惑で取引が行われ、米雇用統計に向けてマーケットは大きく盛り上がっていくことになる。

商品先物取引だけでなく金融投資に大きな影響を与えることは間違いありません。しかし、先物会社の営業マンは「雇用統計」について取引を継続させる道具とか考えていないようです。雇用統計が発表された後の先物市場がどのように動くかは誰にもわかりません。利益、損益は営業マンに関係ありません。
「いかに多くの手数料を入金させるか」これしかありません。
本当にお客様のことを思うのであれば、取引枚数も10枚、20枚にはなりません。
1枚、2枚の取引で投資を行っていれば思いもよらない損金(被害)にはなりません。他人のお金だから入金させた分はほとんど投資させます。とにかく手数料稼ぎしか考えません。そのための営業トークは素晴らしいとしか言えません。
本当に利益が取れるなら「赤の他人のあなたに教える必要はありません」
先物会社に勤務していても先物取引を行うことは可能です。

「雇用統計、為替、日銀」などの言葉はすべて取引を継続させるための道具です。
「少しでもおかしい」と感じたら相談して下さい。

無料相談専用フリーダイヤル

0120-694-025

受付時間 8:00~19:00 ※土・日・祝も受付