相場について 2018/10/11 | 商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、ノレーヴ、第一クレデンス、シンゲンメディカル、クローバーアセットマネジメント株式会社、ジェイ・トラスト株式会社、テキシア

10月11日

相場について


ニューヨーク原油先物11月限は反落、原油11月限終値は73.17ドル、マイナス1.79ドル。

米株式市場が大幅安となり、楽観的な景気見通しが後退したことが調整売りを誘っ た。ダウ平均は800ドル超下げた。足元の米経済は堅調だが、米金利上昇が景気の腰を折ることが警戒されている。先週にかけて原油価格が年初来高値を塗り替えたことも米経済の圧迫要因。

米国の制裁によるイランの減産見通しを背景とした買いは一巡している。イランの輸出量は年初から半分程度まで落ち込んでいるもようで、サウジアラビアやロシアなど生産余力のある産油国は増産するが、産油国全体の生産余力が縮小することは相場の不安定化につながる。米国はイランの原油輸出をできる限りゼロに近づけようとしており、石油取引を含めた制裁の第2弾を11月から開始する。ただ、エネルギー高を抑制するため、イラン制裁の一部緩和も検討している。

カテゴリー4まで勢力を強めたハリケーン「マイケル」はフロリダ州のパナマシティ付近に上陸した。風速が時速249キロとなった後はやや弱まっているものの、上陸後も驚異的な勢力を維持している。内務省安全環境執行局(BSEE)によると、米メキシコ湾岸の原油生産の約42%が停止した。

ニューヨーク金先物12月限は小幅高、金12月限終値は1193.40ドル、プラス1.90ドル。

金12月限は続伸。時間外取引では、もみ合いとなったのち、欧州時間に入ると、ドル高を受けて軟調となった。日中取引では、序盤に下落する場面も見られたが、米長期金利上昇による株安などを受けて地合いを引き締めた。

イタリアの財政懸念に対する懸念が残るが、この日は米国債の利回り上昇による株安が支援要因となった。株安を受けてドル安に振れた。ダウ平均株価は800ドル超の急落となった。