相場について 2020/07/22 |第一商品、商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、仕組債、仕組債被害、金、ガソリン、原油

   

7月22日

相場について

ニューヨークダウ159ドル高、良好な決算が下支えもハイテクが弱い

米国株式相場はまちまち

ダウ平均は159.53ドル高の26840.40ドル、ナスダックは86.73ポイント安の10680.36ポイントで取引を終了した。
企業の良好な決算や欧州が復興基金で合意したことが好感され上昇して寄り付いた。その後、今週後半に主要ハイテク株の決算が控えており、内容を見極めたいとの思惑から手仕舞う動きが広がり、上げ幅を縮めた。

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円79銭で引けた

米国債利回り低下に伴うドル売りや対ユーロでの動きに連れたドル売りが優勢となった。


ニューヨーク原油先物9月限は続伸、原油9月限終値は41.92ドル、1.00ドル高

欧州連合が新型コロナウイルスによる経済的な被害から立ち直るための復興基金の内容で合意したほか、新型肺炎のワクチン開発が前進していると伝わっていることから、3月以来の高値をつけた。石油需要の回復期待がさらに高まっている。

欧州連合首脳は総額7500億ユーロの復興基金のうち、返済が不要な補助金を3900億ユーロとすることで合意した。当初の提案では補助金は5000億ユーロだったが、オランダ、オーストリア、デンマーク、スウェーデンが反対していた。原資は共同で債券を発行することによって調達する。欧州連合が債務を共有する初の試みとなる。

今週の米週間石油在庫統計で原油在庫が減少すると見通されていることも支援要因。米原油在庫の市場予想は前週比200万バレル減。米エネルギー情報局の週報で原油在庫が減少すれば、2週連続の取り崩しとなる。


ニューヨーク金先物8月限は大幅続伸、金8月限終値は1843.90ドル、26.50ドル高

欧州連合の復興基金案がまとまり、リスク選好の動きとなった。またムニューシン米財務長官は追加景気対策について、来週末までの合意を目指すと述べており、刺激策に対する期待感が強い。