相場について 2016/09/16 | 商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・株式会社ferix・株式会社フェリックス・株式会社きれい・株式会社farix被害・株式会社きれい被害

9月16日

相場について


NY株式:ダウは177ドル高
NYダウ 終値 :18212.48 前日比:+177.71
    始値 :18024.91 高値 :18250.11  安値 :18015.49
15日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は177.71ドル高の18212.48、ナスダックは75.92ポイント高の5249.69で取引を終了した。

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、102円08銭で、ユーロ・ドルは、1.1243ドルで引けた。ユーロ・円は、115円43銭へ上昇後、114円76銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3180ドルまで下落したのち、1.3246ドルへ反発。ドル・スイスは、0.9695フランへ下落後、0.9740フランへ上昇した。スイス国立銀行は金融政策決定会合で政策を据え置いたものの、フランが過大評価されており必要とあればフラン高是正の介入を実施する姿勢を示したためフランの上昇は限定的となった。

ニューヨーク原油は反発、10月限終値は43.91ドル、プラス0.33ドル。メキシコ湾岸から米東部につながるコロニアル・パイプラインの再稼動延期報道を受けて上昇した。ただ、需要減少見通しなど嫌気することから上値は重くなった。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブのエネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「価格の持ち直しはガソリンが率いている」と指摘。「コロニアルのニュースが手掛かりとして指摘されるだろう。ニューヨーク港では供給がタイトになっているかもしれないが、湾岸では供給が増えているということに留意しておいたほうがよい」と述べた。
日足チャートでは、50日移動平均線と100日移動平均線に挟まれたレンジで推移していたが、50日移動平均線を下放れる格好となっている。1日安値の43.00ドルを割り込むと200日移動平均線が位置する40.9ドル水準が意識される。

ニューヨーク金は反落、12月限終値は1318.00ドル、マイナス8.10ドル。ドルが主要通貨に対してやや強含んだことからさえない展開となった。米FOMCを前に積極的なポジション取りも手控えられた。

ロング・リーフ・トレーディング・グループのチーフマーケットストラテジスト、ティム・エバンス氏は電話インタビューで、「金市場全体がFOMCは動くのかどうか見極めようとする中、未知への不安がある」と指摘。「FOMCが金利を引き上げるのか、その影響はどうなるのかと、市場は堂々巡りの状況だ」と述べた。
テクニカル面では、100日移動平均線をサポートとした反発が見られるものの、50日移動平均線が上値抵抗ラインとして意識されている。米FOMCまでは方向感がでにくい様子。