行政処分・事例 | 商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、金先物、先物相談、先物被害相談、日本橋クリエイト株式会社、デルタインベストメント株式会社、クローバーアセットマネジメント株式会社、ジェイ・トラスト株式会社

デルタインベストメント株式会社(山根晋爾が実質的な代表を務める株式会社サン)に対する行政処分について

平成30年11月13日

引用元:福岡財務支局

 

1.デルタインベストメント株式会社(福岡県筑紫野市、法人番号3290001055689、投資助言・代理業)(以下「当社」という。)に対する検査の結果、以下の法令違反行為が認められたことから、証券取引等監視委員会より行政処分を求める勧告が行われた。(平成30年10月30日付)

(1)無登録業者に対する名義貸し
 当社は、平成28年2月以降、当社の名義をもって、山根晋爾が実質的な代表を務める株式会社サン(法人番号9120001165540。金融商品取引業の登録はない。以下「サン社」という。)に投資助言・代理業を行わせた。
 サン社は、平成28年2月から同30年5月までの間に、少なくとも延べ98名に対し、オプション取引及び外国為替証拠金取引に係る売買のタイミングや価格等を電子メールで配信する方法により投資助言行為を行った。
 当社が行った上記行為は、自己の名義をもって、他人に金融商品取引業を行わせたものであり、金融商品取引法(以下「金商法」という。)第36条の3に違反するものと認められる。

(2)投資助言・代理業を適確に遂行するに足りる人的構成が確保されていない状況及び投資助言・代理業を適確に遂行するための必要な体制が整備されていない状況
 当社は、サン社に名義を貸すだけで、自らが投資助言・代理業を行っている実態がないなど、投資助言・代理業を適確に遂行するに足りる人的構成が確保されておらず、また、投資助言・代理業を適確に遂行するための必要な体制が整備されていない。
 当社における上記の状況は、金商法第29条の4第1項第1号ホに定める「金融商品取引業を適確に遂行するに足りる人的構成を有しない者」に該当し、また、同号ヘに定める「金融商品取引業を適確に遂行するための必要な体制が整備されていると認められない者」に該当することから、このような当社の状況は、同法第52条第1項第1号に該当するものと認められる。


2.以上のことから、本日、当社に対し、金商法第52条第1項及び第51条の規定に基づき、下記の行政処分を行った。

(1)登録取消し
    福岡財務支局長(金商)第79号の登録を取り消す。

(2)業務改善命令
  1)無登録営業への関与を直ちに停止すること。
  2)全ての顧客に対し、今回の行政処分の内容を説明し、適切な対応を行うこと。
  3)現在、当社と投資顧問契約を締結している者との契約を適切に終了させること。
  4)2)、3)の対応状況について、1ヶ月以内に書面により随時報告すること。

 

 

登録取り消しは最も重い処分になります。
悪質性がかなり高い証拠とも言えます。
該当する方は諦める前に専門家への相談をして下さい。


このような事案に精通している専門家であれば解決方法は熟知しています。
逆に、精通していないところでは「無理だから諦めなさい」などと言われます。
精通していないから、「取り戻せない理由を伝えてきます。」
精通しているから、 「取り戻せる工夫を考え、可能性の説明ができます」


泣き寝入りする前に専門家に相談して下さい。
相談してから諦めても遅くはありません。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-694-025