行政処分・事例 | 商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、金先物、先物相談、先物被害相談、クローバーアセットマネジメント株式会社、ジェイ・トラスト株式会社、テキシア、テキシアジャパンホールディングス

460億円集金か 詐欺容疑で投資会社(テキシアジャパンホールディングス)幹部ら逮捕、愛知県警

今回、逮捕されている10人の中の穂積一志、石丸忠志、澤幡信吾は
株式会社ライフステージ(東京都新宿区西新宿)にも関わっています。

ライフステージ


テキシアジャパンホールディングス株式会社
代表取締役  伊藤一也
他に勧誘者、関係者3名と一社について
平成30年7月初めに、大津地方裁判所彦根支部で裁判が始まっています。

今回のような事案で新聞やニュースで報道されると諦める被害者が多くなることもあります。
相談に行くと「逮捕されてるから取り返せない」「被害者が多いから返金までは難しい」
などと言われ泣き寝入りしてしまいます。


会社と社長、逮捕されている首謀者に対する請求は多いと思います。
しかし、実際にお金を渡した(受け取った)ディレクター、マネージャーはどうでしょうか?
ディレクターは130人、マネージャーは220人しかいません。
全員で約13000人のなかのわずかな人です。
この方々はかなりの紹介料、手数料を稼いでいたと思われます。
「何も知りませんでした」は通用しないのではないでしょうか。


訴える相手にお金を渡した相手(ディレクター、マネージャー)も入れるべきです。
精通している弁護士は被告に入れると思いますが、慣れていない先生は会社と社長だけを提訴することがあります。
これは法律構成が簡単だからです。
実際に返金までを考えるとお金を渡した相手特にディレクターとマネージャーは被告に加えるべきです。


お金を受け取った人に非があるのかないのか、あるならば何割程度の責任を問われるのかについての最終判断は裁判官がします。
しかし、訴えていないと裁判官の判断も確認できません。
現状の裁判は継続で別途裁判を起こすなどを考えるべきです。


うまく言われて仮想通貨(コイン)に変更された方も返金請求は可能です

無料相談フリーダイヤル 0120-694-025

 

会員への弁済「仮想通貨で」 テキシア社が説明会

平成31年2月22日

引用元:日本経済新聞

投資コンサルティング会社「テキシアジャパンホールディングス」を巡る詐欺事件で、同社は21日、大阪市北区で会員への説明会を開き、会員に返金できなくなっている負債を仮想通貨で弁済するとの計画を示した。

この仮想通貨について専門家は「現在、ほとんど価値がなく、被害がさらに拡大する恐れがある」と指摘している。

冒頭、テキシア社の伊藤一也社長は、参加した約240人の会員を前に「幹部が逮捕され、ご心配をおかけして大変申し訳ない」と謝罪した。

 

テキシア事件逮捕の8人、別会社でも多額集金でノウハウ

平成31年2月17日

引用元:朝日新聞

投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)の実質的経営者ら10人が逮捕された詐欺事件で、このうち8人が、海外投資を巡って問題を起こした別の会社にかかわっていたことが、捜査関係者などへの取材でわかった。愛知、岡山両県警は、別の会社で勧誘ノウハウや人脈を培った関係者が、テキシア社の中核として活動し、勢力を拡大していったとみている。

海外投資話で多額の資金を集めていたのは「ライフステージ」。証券取引等監視委員会の発表によると、海外の関連会社の外国為替証拠金取引(FX)に投資して月利3%を支払うとの触れ込みで、2011~13年ごろに延べ5336人から約146億円を集めた。

同社は「エージェント」と呼ばれる個人らに勧誘活動をさせ、紹介料を毎月支払っていたという。しかし、無登録で集金したことが金融商品取引法違反にあたるとして、13年に東京地裁から一部業務停止命令を受けていた。

 

460億円集金か 詐欺容疑で投資会社(テキシアジャパンホールディングス)幹部ら逮捕、愛知県警

平成31年2月13日 

引用元:日本経済新聞

 

「月3%」などの高配当をうたって現金をだまし取ったとして、愛知、岡山両県警の合同捜査本部は13日、千葉市の投資会社「テキシアジャパンホールディングス」の実質経営者、銅子正人容疑者(41)=自称大阪市淀川区東三国6=ら10人を詐欺の疑いで逮捕した。

 

捜査本部によると、全国の高齢者ら約1万3千人からやく460億円を集めたとみられる。

 

ほかに逮捕されたのは、同社元社長の安達慶三容疑者(58)=神戸市中央区磯辺通4=ら。捜査本部は10人の認否を明らかにしていない。

 

逮捕容疑は2016年7月~2017年7月ごろ、配当や元本を支払うための事業実態がないにもかかわらず、「1口100万円で出資すると、毎月3%の配当が支払われる」「1年後に元本を償還するか契約継続を選べる」などとうそを言い、愛知県に住む60~70代の男女3人から計6400万円をだまし取った疑い。

 

テキシア社は13年に勧誘を始めた。銅子容疑者を頂点として、地区ごとに勧誘のリーダーを置くピラミッド型の組織で会員を増やした。出資額や勧誘実績に応じて一般の会員が「マネジャー」「ディレクター」などに昇格できる仕組みだった。

 

勧誘のため「日本を元気にする会」を称するセミナーを各地で開催。会員向けの昼食会や旅行などのイベントも催していたが、17年9月ごろから配当の支払いが滞った。

 

テキシア社はその後、返金の遅れを謝罪する書面を複数回送付。配当が滞った理由については「急成長が見込まれる事業への先行的かつ急激な投資を重ねた結果」などと釈明していた。「間違いなく契約通りに返す」としているが、大半は滞ったままとみられる。

 

愛知県警生活経済課などは18年7月から関係先を繰り返し家宅捜索し、押収した内部資料の分析を進めていた。

テキシア社をめぐっては、契約通りの配当がなく損害を受けたとして返金を求める民事訴訟が各地で起こされている。同社側への賠償命令が確定したケースもあるが、ある原告の代理人弁護士は「会社側は裁判の期日にも姿を見せておらず、今後も支払いがあるかどうか分からない」と話す。

 

登記簿や信用調査会社によると、テキシア社は13年9月に設立された。登記上の本社は千葉市中央区で資本金は2千万円。海外での法人設立や投資、企業経営のコンサルティング、セミナーの運営などを主な事業に掲げている。

♦「KING」として勧誘 逮捕の実質経営者

逮捕された「テキシアジャパンホールディングス」の実質経営者、銅子正人容疑者(41)はコンサート付きのパーティーを各地で催し、会員の間で「KING(キング)」と呼ばれていた。こうした場で中心となって投資を勧誘していたとみられる。

銅子容疑者は関西の大学でサッカー部に在籍し、その後フットサルの指導者として活動。2003年発行のフットサル専門雑誌によると、フットサルチームの監督を務め、複数のプロスポーツ選手の専属トレーナーも担っていたとされる。

テキシア社の事業に詳しい弁護士らによると、銅子容疑者はホテルや市民ホールでコンサート付きのパーティーを開いて会員を募っていた。動画投稿サイトには、白いスーツにサングラス姿の同容疑者がオリジナル曲を歌い、会員が旗を振って盛り上がる映像もある。

自身の誕生日パーティーに出資者を呼び、個別にまとまった現金を手渡すこともあったという。約300万円を出資した50代男性は「キングのカリスマ性にひかれ、会社を信じてしまった」と話す。

 

「キング」を名乗る会長 配当は「元気玉」、世界平和・震災復興唱え集金

平成31年2月13日

引用元:毎日新聞

 

テキシアジャパンホールディングスは事業を「日本元気プロジェクト」と銘打って出資を募り、毎月3%の配当金を「元気玉」と名付け出資者(会員)に還元を約束していた。事業実態はなかったが、会長の銅子正人容疑者(41)は企業の海外進出への出資が世界平和や東日本大震災からの復興につながると呼びかけ、会員を増やしていた。

 

関係者によると、テキシア社は会員に、いつでも出資金の返還を請求できるとの趣旨を記した契約書を発行し出資を促した。一方、説明会で事業内容への言及はほとんどなく、銅子容疑者が自身の経歴や精神論を説いた。

 

説明会の参加者らによると、銅子容疑者は高級スーツにサングラスを着用し、自ら「キング」と名乗った。自分はシンガポール在住の億万長者とうたい、参加者に食事代として現金を配ることもあった。コミュニティーFMのラジオ番組に出演したり、歌手としてコンサートを開いたりして、「東日本大震災で困窮している日本を元気にする」などと話していたという。

 

銅子容疑者が出演したコミュニティーFMの番組を担当し、自分も100万円を出資した中国地方に住む女性(58)は「(銅子容疑者の)言葉には魂の叫びのような重みがあった。日本元気プロジェクトで受け取ったお金を地域で使い、地域を元気にするとの話に共感した」と振り返る。

 

関係者によると、会員は無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合っていた。ラインのグループでは、「子キングたちよ、魂の中に眠っていた熱い想(おも)いを呼び起こせ」などと出資を求める銅子容疑者の言葉が投稿された。

 

埼玉県の20代女性は親戚から勧められて2016年12月に会員になり、300万円を出資した。翌年8月までは配当金を受け取ったが、その後は滞り、返金を約束する文書を受け取ったものの、出資金は戻ってこないという。女性は「実家の修理代にためておいたお金だったが、親せきが配当金を得ていたので信用してしまった」と話した。

 

出資者ランク分け 競い合わせ勢力拡大 詐欺事件

平成31年2月14日

引用元:朝日新聞 

 

投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市中央区)の実質的経営者ら10人が逮捕された事件で、同社は出資者を四つのランクに分けていたことが、愛知、岡山両県警への取材でわかった。同社は、新たに勧誘した人数などで出資者同士を競い合わせることで、勢力拡大につなげていったとみられる。

 

テキシア社は2013年9月設立。1口100万円から出資をすれば毎月3%の配当金を1年間支払う、などと出資者を募っていた。17年までの約4年間で、全国の1万3千人から460億円を集めたとみられる。

 

愛知県警によると、出資者は下から一般会員(約1万1360人)▽エバンジェリスト(約1210人)▽マネジャー(約220人)▽ディレクター(約130人)の四つに分けられていた。一般会員が昇格するには、500万円以上の出資か、3人以上の新規勧誘が条件という。ランクが上がると、受け取る配当も増える仕組みだった。

 

さらに上のランクの「マネジャー」は勧誘や活動内容が「ディレクター」に認められた人が、「ディレクター」は同社の頂点をつかさどる実質的経営者の銅子(どうこ)正人容疑者(41)=詐欺容疑で逮捕=に認められた人が、それぞれ昇格する仕組みだった。上に行けば行くほど出資者の間では名誉とされていたという。一方、捜査関係者によると、銅子容疑者は容疑について黙秘しているという。

 

両県警は13日、テキシア社の勧誘リーダー格だった7人も逮捕。7人は北海道や名古屋、福井など地区ごとに活動するなどし、それぞれのもとにディレクター以下のピラミッド状の会員組織があったことが分かっている。

 

投資会社詐欺事件で実権は前社長が握る 退任は責任逃れの可能性

平成31年2月19日

引用元:CBCテレビ

全国の出資者から多額の現金を騙し取ったとして、投資会社テキシアジャパンの会長らが逮捕された事件で、前社長の男が、責任逃れのために社長を退任した可能性のあることがわかりました。

テキシアジャパンホールディングスの会長で、キングこと銅子正人容疑者ら10人は、高配当と元本保証をうたって嘘の投資話を持ち掛け、全国の1万人以上から、およそ460億円を集めたとされます。

その後の関係者への取材で、前社長の安達慶三容疑者が、3年前に社長を退任した後も社内で実権を握っていたことがわかりました。

「私が代表になった後も、実質の権限は、前社長の安達さんが持っていたので」(テキシアジャパンHD 伊藤一也社長)

警察は、安達容疑者が、責任逃れのため形式的に社長を退任した可能性があるとみて全容解明を進めています。

 

別会社「感謝の会」でも勧誘していたか‥「テキシア」巨額投資詐欺事件

平成31年2月18日

引用元:CBCテレビ

多額の現金を騙し取ったとして投資会社会長でキングと名乗る男ら10人が逮捕された事件で、会社が出資者への配当が滞り始めた際、別会社を立ち上げて勧誘を続けていたことが分かりました。

テキシアジャパンの会長で、キングこと銅子正人容疑者ら10人は、高配当と元本保証をうたって嘘の投資話をもちかけ、全国1万人以上からおよそ460億円を集めたとされます。

会社は、集めた金を配当などに当てるいわゆる“自転車操業”をしていましたが、おととし9月には資金繰りが苦しくなり、配当が滞りました。

捜査関係者などによりますと、おととし7月に銅子容疑者らが、今回は逮捕されていない別の人物らとともに、「感謝の会」という新たな会社を設立。

テキシアと同じような手法で勧誘を続けていたということで、警察は、引き続き巨額詐欺事件の全容解明を進めています。

 

テキシア、社内残金は数千万円か 警察が押収、会長は容疑否認

平成31年2月17日

引用元:KYODO

投資コンサルティング会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)を巡る詐欺事件で、同社に残っていた現金は数千万円程度だったことが17日、捜査関係者への取材で分かった。愛知、岡山両県警が関係先から押収した。同社は2013年7月から17年9月に、約1万3千人から計約460億円を集めたとされるが、大半は消費されたとみられる。

また「キング」を自称した同社会長銅子正人容疑者(41)が「会社運営は適正だった」という趣旨の供述をし、容疑を否認していることも判明した。

愛知県警などは関係先を複数回家宅捜索。捜査関係者によると、押収できたのは数千万円程度だった。

 

配当滞り…出資者に『仮想通貨』で返済提案 自称“キング”の投資会社会長ら逮捕の詐欺事件

平成31年2月15日

引用元:東海テレビ

高配当をうたい、出資金を騙し取ったとして「キング」と呼ばれた投資会社の会長ら10人が逮捕された事件で、会社側が現金での配当を停止した後、仮想通貨による返済を進めようとしていたことがわかりました。

 

「テキシアジャパンホールディングス」の会長・銅子正人容疑者(41)ら10人は「100万円の出資で月3%の配当」などとウソの説明をして、愛知県内の顧客ら3人からあわせて6400万円を騙し取った疑いで13日逮捕されました。

 

テキシアでは2017年夏ごろから配当が滞りましたが、その後、出資者に対し提携する経営コンサルティング会社の仮想通貨での返済を提案していたことが捜査関係者への取材で新たに分かりました。

 

テキシアに400万出資した60代男性:
「仮想通貨に替えたいとかなんとか。仮想通貨なんかほしくないし、現金返してくれと言う話ですよ」

 

一方、テキシアは出資者との出資金や配当金の受け渡しを現金で直接手渡しで行っていて、資金の流れを記録に残さないようにしていたとみられてます。

銅子容疑者らは全国およそ1万3000人からあわせて460億円あまりを集めていたとみられますが、警察は、一部が暴力団に流れていたとみて捜査しています。

 

テキシア投資詐欺 幹部が別会社の損失補てんや顧客誘導目的で参加か

平成31年2月14日

引用元:毎日新聞

テキシアジャパンホールディングス(千葉市)の投資詐欺事件で、詐欺容疑で逮捕された10人のうち3人は以前に別の資産運用会社で働き、この会社は東京地裁から業務禁止命令を受けていた。愛知、岡山両県警は、3人が資産運用会社の損失補てんやテキシア社への顧客誘導を狙って、テキシア社の経営に参加したとみている。

 

事件ではテキシア社の会長、銅子(どうこ)正人容疑者(41)と、幹部の穂積一志(56)=福岡市中央区▽石丸忠志(57)=札幌市豊平区▽沢幡信吾(48)=千葉県四街道市=の3容疑者ら計10人が逮捕された。逮捕容疑は共謀して、企業の海外進出への出資など架空の投資話で元本保証や毎月3%の高配当を約束し、愛知県碧南市の会社役員男性(64)ら3人から計6400万円をだまし取ったとしている。

 

証券取引等監視委員会などによると、穂積容疑者は東京都新宿区にあった資産運用会社で代表取締役を務め、石丸、沢幡両容疑者も経営に携わっていた。この会社は外国為替証拠金取引(FX)での資産運用で高利配当をうたい、2011年8月~13年10月、約2600人から計約146億円を集めた。東京地裁は監視委の申し立てを受けて13年11月、金融商品取引法で義務づけられた登録をせず資金を集めたとして、会社と穂積容疑者らに業務禁止命令を出した。

 

捜査関係者によると、資産運用会社は当時、資金繰りが悪化して顧客への支払いが滞っていた。このため、穂積容疑者ら3容疑者はテキシア社の経営に加わったとみられる。

 

テキシア社は13年7月から出資金を募り始め、17年9月までに出資者(会員)は全国の約1万3000人になった。集めた資金は計約460億円に上った。愛知、岡山両県警は3人の経営参加がテキシア社の会員増加につながったとみて調べている。