行政処分・事例 | 商品先物取引被害・先物取引被害・先物被害・先物取引・金先物・先物相談・先物被害相談・株式会社ferix・株式会社フェリックス・株式会社きれい・株式会社ferix被害・株式会社きれい被害

純金購入名目で、7400万円詐欺被害(名古屋)

《読売新聞 1月22日付配信》

愛知県警港署は22日、名古屋市港区の70歳代の無職女性が、金融商品取引名目の詐欺で現金7400万円をだまし取られたと発表した。

同署は詐欺容疑で捜査している。

発表によると、女性宅に昨年11月中旬、投資名目の純金購入を勧めるパンフレットが届き、金を取り扱う協会や銀行職員を名乗る男らから「パンフレットは届いたか。円安なので現金を純金に替えた方がいい」などの内容の電話が相次いだ。女性は勧められるまま、同月21日から今月9日まで15回にわたり、純金購入名目で7400万円を指定された宛先に郵送した。

その後、女性宅に「郵便局でいつでも換金できる」と説明された「証券」が送られて来た。女性が換金しようと、今月21日に郵便局に持って行ったところ、偽物と発覚し、郵便局が同署に通報した。

相談してから諦めても遅くはありません。

無料相談専用フリーダイヤル

0120-694-060

受付時間 8:00~19:00 ※土・日・祝も受付