行政処分・事例 | 商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、仕組債、仕組債被害、金、ガソリン、原油

「超簡単『スマホで錬金術』」、「検索=報酬を実現した画期的なシステム」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者【㈱WAVE】に関する注意喚起

令和元年11月7日
引用 消費者庁

令和元年6月以降、「超簡単『スマホで錬金術』」、「検索=報酬を実現した画期的なシステム」などとうたい、多額の金銭を消費者に支払わせる事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
消費者庁が調査を行ったところ、株式会社WAVE(以下「WAVE」といいます。)との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・ 表示及び不実告知)を確認したため、消費者安全法(平成21 年法律第50 号)第38条第1項の規定に基づき、消費者被害の発生及び拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。
また、この情報を都道府県及び市町村に提供し、周知します。

1.事業者の概要(注1)

名 称 株式会社WAVE(法人番号 1010001184179)(注2)
所在地 東京都新宿区高田馬場四丁目37番10-301号
代表者 長尾 豊
(注1)商業登記されている内容です。
(注2)同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

2.具体的な事例の概要
WAVEが消費者に多額の金銭を支払わせる手口は次のとおりです。

(1) ウェブサイトやLINE上の広告により、消費者を自社の広告用ウェブサイトに誘 い込みます。
WAVEは、広告代理店に依頼して、個人のブログを装ったウェブサイトやLINEのユーザー宛てのメッセージなどを作成させ、これらに大金を稼いだとする体験談を掲載させるなどして、「スマホ錬金術」と称するビジネス(以下「スマホ錬金術」といいます。)が、誰でも短時間で確実に大金を稼げるビジネスであると宣伝し、消費者を自社の広告用ウェブサイト(以下「広告サイト」といいます。)に誘導します。
この広告サイトでは、
「月収120 万円稼げる最新ビジネス」
「お好きなタイミングにスマホで30 分作業するだけ」
「再現性100% 結果重視!稼げる事をお約束。」
などと記載するとともに、スマホ錬金術の情報を得るために必要があるとして、消費者にメールアドレスの登録やLINEの友だち登録を促します。

(2) まずは比較的安価な初期費用を消費者に支払わせます。
WAVEは、メールアドレス等の登録をした消費者に対し、
「只今、ご応募が殺到しておりますので大変申し訳ございませんが公開までしばらくお待ちいただければと思います。」
などと、スマホ錬金術への反響が大きいことをアピールするメールやLINEのメッセージを送信することで更に消費者の関心を高め、自社の申込用ウェブサイト(以下「申込サイト」といいます。)に誘い込みます。
そして、WAVEは、申込サイトにおいて、
「超簡単『スマホで錬金術』」
「検索で収入を生み出すビジネス 検索=報酬を実現した画期的なシステム」
「まずは週30 万円!月給120 万円・・・つまり年収1,000 万円超えをクリアして頂きます!!」
などと、スマホ錬金術なら、スマートフォンで検索するだけで、誰でも短時間で簡単に大金を稼げる旨を繰り返し記載し、スマホ錬金術へ消費者を誘い込みます。
スマホ錬金術に興味を持った消費者は、申込サイトから申し込み、1万円程度の費用を支払います。

(3) 電話サポートの予約へと消費者を誘導します。
スマホ錬金術に申し込んだ消費者には、「スマ錬BOOK」と称する情報商材(以下「スマ錬BOOK」といいます。)がメールなどで提供されます。
スマ錬BOOKでは、スマホ錬金術が、インターネット上で国内向けに販売されている商品を、購入はせずに、米国の大手通販サイトに利益を乗せて出品し、同サイトで売れてから初めて商品を購入して転売し、差額で稼ぐ「無在庫販売」であることが明かされます。そして、
「再現性100%!」
「リスクゼロの安心宣言!」
「完璧なサポート体制!専属のサポートスタッフを配置することにより、技術的なサポートは勿論のこと全ての悩みを瞬時に解決します。」
などと、スタッフの手厚いサポートにより誰でも確実に稼げる旨が強調され、消費者の期待を高めます。
また、スマ錬BOOKの後半では、サポートの各プランが紹介されており、無料プランのほか、サポートの種類や期間などに応じて、8万円から150 万円までの高額な7つの有料プランが提供されています。
各有料プランには、「期間想定売上」と称する金額が設定されており、例えば、40 万円のプランであれば「【期間想定売上】1,350,000 円」とされていますが、無料プランには「期間想定売上」は設定されておらず、有料プランでなければ大金を稼げないとの印象を与えています。
しかし、スマ錬BOOKには、大金を稼ぐ具体的なノウハウは何ら記載されていない一方で、「ビジネスを開始するにあたって、初回のお電話サポートにて簡単なご説明をさせていただきます。」と記載されているため、消費者は、WAVEから説明を受けないとスマホ錬金術を始められないと考え、巻末の電話予約フォームから電話サポートによる説明を予約します。

(4) より大金を稼ぐために有料プランに加入するよう、電話で執ように消費者を勧誘し、高額な料金を支払わせます。
WAVEは、電話サポートを予約した消費者に電話をかけ、
「40 万円のプランに加入すれば、確実に月に27 万円稼ぐことができます。」
「絶対に稼げます。皆さん月平均で1か月に45 万円稼いでいます。」
「支払ったお金はすぐに取り戻すことができます。」
などと告げ、有料プランに加入するよう、執ように勧誘します。
消費者は、WAVEからの執ような勧誘により、高額な料金を支払っても元は取れると思い込まされて、有料プランに申し込み、WAVEに料金を支払います。

(5) 高額な料金を支払ってもあらかじめ表示されていたようなサポートは受けられず、誰でも短時間で簡単に大金を稼ぐことはできません。
有料プランに加入した消費者は、WAVEから、
「まずは米国の大手通販サイトに出品する前に、日本の大手通販サイトで出品の練習をしましょう。日本で売上げが出るまでは、米国への出品はできません。」
などと説明されます。
消費者は、WAVEの指示に従い、まずは日本の大手通販サイトに出品しますが、インターネット上で販売されている商品の販売価格に大手通販サイトの出品手数料や自らの利益を上乗せした価格で出品するように指示されるため、大手通販サイトの他の出品者の販売価格よりも高価になることがほとんどであり、商品はほとんど売れません。また、仮に売れたとしても利益はごく僅かである上に、WAVEからは日本で出品し続けるように言われ、結局は米国の大手通販サイトに出品するためのサポートを受けることはできません。
このように、スマホ錬金術は、到底、スマートフォンを操作するだけで誰でも短時間で簡単に大金を稼ぐことができるものではありません。

3.確認された事実
(1) WAVEは、広告代理店に、個人のブログを装ったウェブサイトを作成させ、このサイトにおいて、スマホ錬金術で大金を稼いだとする体験談を表示していましたが、実際には、これらの体験談は架空のものでした。(虚偽・誇大な広告・表示)

(2) WAVEは、広告サイトや申込サイトにおいて、スマホ錬金術について、「月収120万円稼げる最新ビジネス」、「お好きなタイミングにスマホで30 分作業するだけ」、「再現性100% 結果重視!稼げる事をお約束。」などと記載することにより、あたかも、スマホ錬金術に参加すれば、誰でも短時間で簡単に大金を稼げるかのように表示していました。
しかしながら、実際には、スマホ錬金術に参加しても、前記2.(5)のとおり、誰でも短時間で簡単に大金を稼げるものではなく、むしろ、WAVEには、全く稼げないという消費者からの返金申出やクレームが多数届いています。(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)

(3) WAVEは、スマ錬BOOKにおいて、「再現性100%!」、「リスクゼロの安心宣言!」、「完璧なサポート体制!」などと記載するとともに、有料プランごとに「期間想定売上」を記載し、また、スマ錬BOOKの記載内容に沿った電話勧誘を行うことにより、あたかも、有料プランに加入すれば、スタッフの手厚いサポートにより誰でも確実に「期間想定売上」を稼げるかのように表示していました。
しかしながら、有料プランに加入して、サポート期間内に「期間想定売上」を稼いだ消費者はいないどころか、多くの消費者は全く売上げを上げることができていませんでした。(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)

(4) 消費者庁は、平成30 年9月11 日に「『画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる』などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起」を公表しているところ、WAVEにおいてスマホ錬金術の勧誘をしていた者のうちの複数名は、当該事業者において同様の勧誘をしていた者でした。
WAVEは、既にスマホ錬金術の新規募集を取りやめていますが、WAVE以外にも、同様の手口で情報商材の購入などを勧誘する事業者に関する消費者からの相談が数多く寄せられています。
そのため、今後、WAVEの関係者又は別の事業者が、本件と同様の手口で消費者被害を引き起こす蓋然性は高いと考えられます。

 

 

被害金額が少額の場合に泣き寝入りする方が多いようです。
理由として、弁護士や司法書士に依頼すると当然に費用が発生します。
その費用を支払っても返金される保証はないからです。

騙す方もそのあたりを考えていると思われます。
多少の費用が発生したとしても正しく返金請求してくるとこには応じてくる可能性は高いと思います。
80%以上の方が泣き寝入りすると考えたら20%の方に返金しても十分に採算は合うからです。

騙す方が本当に嫌なのは詐欺として警察沙汰になることです。
諦める前に専門家へ相談して下さい。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700