行政処分・事例 | 第一商品、FX詐欺、商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、仕組債、仕組債被害、暗号通貨、暗号通貨被害、仮想通貨、仮想通貨被害、金、ガソリン、原油

架空の「競馬AI」かたり3000万円詐取疑い

令和3年6月23日
引用 産経新聞

存在しない「競馬AI(人工知能)」での運用資金名目で、出資者2人から計3050万円をだまし取ったとして、千葉県警は23日、詐欺の疑いで東京都港区南青山の会社役員、正瑞基容疑者(38)を逮捕した。容疑を否認している。

県警生活経済課によると、正瑞容疑者は、競馬AIについて「人工知能が勝ち馬を的中させ、配当は絶対」「配当は最低でも月に10~15%」などと説明し、SNS(会員制交流サイト)や口コミなどで出資者を募っていた。他の投資名目なども合わせると、100人以上から5億円を超える出資金を集めていたという。正瑞容疑者は、集めた出資金から配当を支払い、出資者を信用させた上で、「出資する人を紹介すれば、その人の出資金の数%を支払う」と持ち掛け、出資者を紹介させていたとみられる。実際には、紹介に対する報酬の支払いはなかったという。

昨年2月に市原署に別の出資者から「投資あっせんSNSグループの主催者にお金を振り込んだが、連絡が取れなくなった」と相談があり、捜査を進めていたところ、正瑞容疑者が浮上した。

逮捕容疑は、競馬AIが存在せず、運用の事実もないのに、平成31年4月~令和元年11月、東京都の30代の男性2人から競馬AIでの運用資金名目で計3050万円をだまし取ったとしている。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700