行政処分・事例 | 第一商品、FX詐欺、商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、仕組債、仕組債被害、暗号通貨、暗号通貨被害、仮想通貨、仮想通貨被害、金、ガソリン、原油

福岡の会社役員、暗号資産1121万円だまし取られる

令和3年7月13日
引用 毎日新聞

「逮捕された人物の共犯として疑われている」と電話で言われた福岡県春日市の会社役員男性(73)が、その疑いを消すためとして暗号資産計1121万円相当をだまし取られた。男性は13日、春日署に被害届を提出した。

春日署によると、男性は過去にも暗号資産取引で詐欺に遭ったことがあり、2020年3月5日、見知らぬ男からの「被害額を肩代わりしてくれる人を紹介している」との電話を信じた。しかし後日、紹介すると言われていた人物が逮捕されたと別の男から電話があり「あなたは共犯として疑われている」「(疑いを消すため)取引コードを削除する必要がある」などと言われ、その費用として同年3月19日~4月20日の間に計6回、暗号資産計1121万円相当を相手が指定したアドレスに送付した。5月以降連絡がつかなくなり、男性が弁護士に相談していた。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700