行政処分・事例 | 先物取引、仕組債、投資被害、排出権、CO2

LINEで「先生」から投資話、52歳会社員男性が950万円詐欺被害

令和4年3月2日
引用 京都新聞

滋賀県警守山署は2日、滋賀県守山市の会社員男性(52)が会員制交流サイト(SNS)で知り合った人物から投資話を持ち掛けられ、現金計950万円をだまし取られたと発表した。投資詐欺事件として調べている。

同署によると、男性は昨年12月13日、LINE(ライン)で「投資の先生のおかげで利益を出すことに成功した」と伝えられ、1月20日には「先生」と言われる者から「利益を出る方法を提案する」とのメッセージを受け取り、投資運用アプリ取得と口座開設の上で現金50万円を送金。アプリ内で5万円の利益が出ていたことから、同27日までに3回にわたり現金を口座に振り込んだという。

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700