行政処分・事例 | 商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、仕組債、仕組債被害、金、ガソリン、原油

基幹産業育成資金へ投資持ち掛け2700万円詐取か「3年預けたら1.5倍に」会社役員を逮捕

令和4年5月23日
引用 神戸新聞

架空の投資名目で現金2700万円をだまし取ったとして、兵庫県警神戸北署は23日、詐欺容疑で、千葉県山武市の会社役員の男(66)を逮捕した。調べに対し「外国為替証拠金取引(FX)で運用すると説明して預かった」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は2016年9月、神戸市北区の男性会社員(40)に、「基幹産業育成資金」への投資として「3年預けてくれたら1.5倍にして返す」などと持ち掛け、同区内の金融機関から男が代表を務める会社名義の口座に現金2700万円を振り込ませ、だまし取った疑い。

男性会社員は知人の紹介で、男と知り合ったという。

財務省はホームページで「基幹産業育成資金」をかたる不審な勧誘に注意を呼び掛けている。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700