行政処分・事例 | 先物取引、仕組債、投資被害、排出権、CO2

暗号資産を無登録で勧誘か 投資会社の代表(辻政行)など3人逮捕

「出資者100人 出資額2億7000万円で被害を軽視できず」仮想通貨無登録勧誘で会社経営の男に有罪判決ー静岡地裁沼津支部

令和4年9月29日
引用 静岡放送

国に必要な届け出をせずに仮想通貨の取引事業をした罪に問われている男と会社の裁判で、静岡地裁沼津支部は9月28日、男に懲役1年6か月、執行猶予3年などの判決を言い渡しました。

判決を受けたのは、東京都の会社役員の男(70)と男が経営する会社です。判決によりますと、男は2018年9月内閣総理大臣の登録を受けず、栃木県などで3人を勧誘し仮想通貨の取引事業を営みました。

地裁沼津支部の谷本奈央裁判官は「出資者が約100人、出資額は約2億7000万円に及んでおり、被害を軽視することは出来ず、責任は重い」として、男に懲役1年6か月、執行猶予3年と罰金100万円、会社に罰金100万円の有罪判決を言い渡しました。

 

国に無登録で仮想通貨投資を勧誘 東京の会社役員の男は起訴内容認める 検察は懲役1年6か月、罰金100万円求刑=静岡地裁沼津支部

令和4年9月9日
引用 静岡放送

国に必要な届け出をせずに仮想通貨の取引事業をした罪に問われている男と会社の初公判が9月8日、静岡地裁沼津支部で開かれ、男は起訴内容を認めました。

金融商品取引法違反の罪に問われているのは、東京都の会社役員の男(70)と、この男が経営する会社です。

起訴状によりますと、会社役員の男は2018年9月、内閣総理大臣の登録を受けず、栃木県などで3人を勧誘し仮想通貨の取引事業を営んだ罪に問われています。

地裁沼津支部で8日に開かれた初公判で会社役員の男は、「間違いありません」と起訴内容を認めました。検察側は、「120人から2億7900万円もの多額の出資金を集め、事業として投資や勧誘をしていたことは強い非難に値する」と、会社役員の男に懲役1年6か月と100万円の罰金を求刑しました。(会社に罰金100万円求刑)

一方、弁護側は「出資金の一部を返金していて反省している」として執行猶予付きの判決を求めました。判決は、9月28日に言い渡されます。

 

無許可で暗号資産の取り引きを勧誘 2人を不起訴、1人起訴=静岡地検沼津支部

令和4年7月12日
引用 静岡放送

国に必要な届け出をせずに暗号資産の取引事業をした疑いで逮捕された男性2人について、静岡地検沼津支部は不起訴処分としました。

不起訴処分になったのは、いずれも東京都に住む会社役員の39歳の男性と会社員の53歳の男性です。

2人は2018年9月ごろ、国の許可を得ずに浜松市や三島市に住む高齢の女性らを勧誘し、暗号資産の取引事業を営んだ疑いで今年6月に逮捕されていました。地検沼津支部は不起訴の理由について明らかにしていません。

一方、2人と一緒に逮捕された東京都の会社役員の男(69)については、金融商品取引法違反の罪で起訴されました。

 

無登録で出資勧誘、コンサル代表ら3人逮捕 2億4000万円集金か

令和4年6月21日
引用 産経新聞

静岡県警は21日、国に登録せずに暗号資産(仮想通貨)への出資を勧誘したとして、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、コンサルタント会社「桜和堂」(東京都中央区)の代表取締役、辻政行容疑者(69)=中央区築地=ら3人を逮捕した。

県警によると、新潟県や長野県などの計102人から総額約2億4千万円を集めたとみられる。

他に逮捕されたのは、中央区築地の同社取締役、片山康之容疑者(39)と八王子市新町の同社社員、浜野尚容疑者(53)。

逮捕容疑は共謀して平成30年9月ごろ、国に登録しないまま浜松市と静岡県三島市の70代女性3人に対し、2回にわたり仮想通貨への出資を勧誘したとしている。

 

暗号資産を無登録で勧誘か 投資会社の代表など3人逮捕

令和4年6月21日
引用 NHK

「3か月で出資金が3倍になる」などと説明し、いわゆる仮想通貨=暗号資産の投資を国に無登録で募ったとして、警察は、東京の投資会社の代表や取締役など3人を金融商品取引法違反の疑いで逮捕しました。
代表や取締役は容疑を一部否認しているということです。

逮捕されたのは東京・中央区にある投資会社の代表取締役、辻※政行容疑者(69)や取締役の片山康之容疑者(39)など、あわせて3人です。

警察によりますと、4年前の9月ごろに、三島市と浜松市の高齢の女性3人に対し、国に無登録で暗号資産による投資を募ったとして、金融商品取引法違反の疑いがもたれています。
女性らは「元本は保証する。3か月で出資金が3倍になる」などと説明を受け、あわせておよそ600万円を投資したということで、元本や配当が戻らないことから、よくとし、警察に相談したということです。

警察は、辻代表らの会社が4年前に県内外で数回セミナーを開き、100人あまりからあわせておよそ2億4000万円を集めた疑いがあるとみて、実態解明を進めることにしています。

警察の調べに対し、代表と取締役は「暗号資産の投資は募っていたが、会社の業務としては行っていない」などと、容疑を一部否認しているということです。
※辻はしんにょうの点が1つ。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700