行政処分・事例 | 先物取引、仕組債、投資被害、排出権、CO2

金塊採掘への投資名目で2億円集金か 出資法違反容疑で4人逮捕(大阪)

フィリピンの金塊採掘事業「月々3~8%の配当金が入る」とうたって金を集めたか 会社員ら4人逮捕 2億円にのぼる可能性も

令和5年1月23日
引用 ABCテレビ

金塊の採掘事業への投資名目で元本保証や配当をうたい多額の現金を集めたとして、大阪市の会社員ら4人が逮捕されました。

出資法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪市西区に住む会社員・松本昌也容疑者(39)と会社役員の松本康太郎容疑者(28)、自営業の黒岩将容疑者(43)ら計4人です。

男らは2020年2月以降、徳島や神奈川に住む男女3人に対し、フィリピンにおける金塊採掘事業への投資を持ちかけ、元本保証や配当金の支払いを約束して現金3300万円を不正に集めた疑いが持たれています。

警察の調べに対し、男らは容疑を認めていて「月々3~8%の配当金が入る」などとうたい、12人から約2億円を集めたとみられています。

警察によりますと、黒岩容疑者らが出資者を探して松本康太郎容疑者に紹介。

松本康太郎容疑者が投資話を説明して金を集め、松本昌也容疑者に渡していたということです。

松本昌也容疑者は集めた金を別の投資にあて、得た配当の一部を分配していましたが、次第に支払いが滞ったことから、黒岩容疑者が弁護士を通じて警察に相談して事件が発覚したということです。

 

金採掘の投資名目で2億円集金か 大阪府警が容疑で男4人逮捕

令和5年1月23日
引用 産経新聞

金採掘の投資名目で不正に現金を集めたとして、大阪府警生活経済課は23日、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で大阪市西区新町の会社員、松本昌也容疑者(39)ら男4人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めている。同課は12人から計約2億円を違法に集めたとみて調べている。

ほかに逮捕されたのは、大阪市北区の会社役員、松本康太郎(28)▽徳島県三好市の自営業、黒岩将(43)▽奈良県生駒市の自営業、浅野智明(54)―の3容疑者。

逮捕容疑は、共謀して令和2年2月~3年1月ごろ、フィリピンでの金採掘への投資名目で、元本を保証し配当金を支払う約束をして、徳島県や岡山県の55~57歳の3人から計3300万円を違法に預かったとしている。

府警によると、4人は知人に声をかけるなどして出資者を募っていたという。昨年2月、大阪府警曽根崎署に「配当の支払いが途切れた」と相談があり、発覚した。

 

「フィリピンの金塊事業」で元本保証うたい配当金…3300万円の投資募った疑い男ら逮捕 被害総額は「2億円」か 大阪府警

令和5年1月23日
引用 MBS

フィリピンの金塊採掘事業に投資すれば配当金が得られると約束し、現金3000万円あまりを募ったとして男ら4人が逮捕されました。

出資法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪市西区の会社員・松本昌也容疑者(39)と徳島県三好市に住む自営業の黒岩将容疑者(43)ら4人です。

警察によりますと、松本容疑者らは2020年7月~2021年1月にかけて、フィリピンの金塊採掘事業へ投資すれば元本を保証し、毎月配当金を3%~8%を支払うと約束し、徳島県などに住む50代の男女3人から現金あわせて3300万円を募った疑いが持たれています。

「配当金が受け取れない」という被害者からの連絡を受け黒岩容疑者が去年2月、弁護士を通して警察に相談したことから事件が発覚、今回、勧誘役として逮捕されています。

4人はいずれも容疑を認めているということです。

このグループによる被害は2019年~今年1月にかけて、約2億円に上るとみられていて、警察は捜査を進めています。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700