行政処分・事例 | 先物取引、スカイプレミアム、フリッチクエスト、投資被害、排出権、CO2

「がんに効く商品開発」と勧誘、無登録で未公開株販売疑い…健康食品会社(ウィンメディックス)社長ら逮捕

マルチ商法?で保釈中の社長 「違法行為も患者のため」

令和5年6月9日
引用 毎日新聞

がん患者らの不安をあおる「マルチ商法」と批判されている医療ベンチャー「ウィンメディックス」(東京都千代田区)の社長、白木茂被告(45)=組織犯罪処罰法違反などで起訴=が、3月に警視庁に逮捕された後、初めて公の場に姿を見せた。白木被告は「違法かもしれないと思ったが、患者のためだった」などと述べ、今後も同社の事業を継続する姿勢を示した。

白木被告は5月22日に保釈された。31日に都内で開かれた株主総会に出席し、この冒頭「多大なご迷惑とご心配をお掛けした」と謝罪し深々と頭を下げた。

その上で「患者を助けなきゃいけない、少し法律に触れてもスピードを落としたくないという気持ちがあった」と弁明。弁護士から意向を聞かれ、会社を存続させるために罪を認めることを選んだと主張した。

ウィン社は「がんが治る薬を開発した」として、自社の未公開株を販売していた。警視庁によると、がん患者を中心に約1万5000人に株を売り、約80億円を得ていたとされる。

白木被告らは、金融商品取引法違反と組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕、起訴された。起訴内容は2021年12月~22年3月、無登録で株を販売しながら、約1500人から受け取った購入代金約7億円が寄付金であるかのように見せかけるため、株式の無償譲渡を装ったとしている。

ウィン社の株販売は、購入者を勧誘した人に手数料が支払われる、ネットワークビジネス(マルチ商法)の形式を取る。自社の製品が近く医薬品として承認されると説明し、高額配当をほのめかしていた。

だが、これまで株の配当は一度も支払われたことがなく、一部の株主が購入代金の返還を求めて訴訟を起こしている。原告の株主の代理人、藤森克美弁護士は「高齢者や病気のある人の弱みにつけこんで、次々にお金を引き出す悪質なやり方だ」と指摘する。

また、がんに効くとうたって販売されている製品の摂取を続け、病状が悪化したり、死亡したりした患者の存在も次々と明らかになっている。

 

組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕の男性 不起訴

令和5年5月22日
引用 日テレNEWS

組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された40代の男性が不起訴処分となりました。

無登録で自社の未公開株を売り出して集めた金を寄付金と装ったとして、今月1日、警視庁に組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された40代の男性について、東京地検は先週、不起訴処分としました。

東京地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

 

犯罪収益を寄付と偽る 容疑で健康食品販売業の社長ら逮捕 警視庁

令和5年5月2日
引用 産経新聞

がんの治療事業への投資目的で患者らに売却した株の代金を寄付金と装ったとして、警視庁生活経済課は組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)容疑で、健康食品販売業「ウィンメディックス」(東京)の社長、白木茂被告(45)=金融商品取引法違反の罪で起訴=ら2人を再逮捕。新たに同容疑で役員の男(40)を逮捕し、法人としての同社も書類送検した。

ウィンメディックス社は全国で開くセミナーで「がんに効果がある飲料水を開発する」とうたい、がん患者や家族から株主を募集。国への届け出をしていなかったなどとして、生活経済課が今年3月、金商法違反容疑で、白木容疑者ら2人を逮捕していた。

生活経済課によると、同社は、株主が株を購入する際、同社の関連法人の口座に寄付として金を振り込ませ、「寄付金受領書」を送付。白木容疑者が保有する株式を無償で譲渡するといった内容が書かれた「株式譲渡通知書」も発行し、送付していた。

調べに対し、白木容疑者は「(株の売り出しが)金商法違反といわれる可能性があったため、寄付金として金を受け取った」と容疑を認めているが、役員の男ら2人は否認しているという。

逮捕容疑は、令和3年12月~4年3月、株主約1500人から受け取った7億円が株の購入代金で、金商法違反にあたるにもかかわらず、寄付金であるかのように装ったとしている。

 

「がんに効く新薬」うたい集めた7億円を“寄付金”と装う マネーロンダリング容疑で社長(45)ら3人再逮捕

令和5年5月2日
引用 FNNプライムオンライン

「がんに効く新薬を開発」などとうたい、自社の株を無登録で売り出した事件で、社長がマネーロンダリングの疑いで再逮捕された。

健康食品販売会社の社長、白木茂容疑者(45)ら3人は2021年、「がんに効く新薬の開発」などとうたい、約1500人から集めた7億円を寄付金と装い、犯罪による収益を隠したマネーロンダリングの疑いが持たれている。

警視庁によると白木容疑者は、自身が代表を務める別の一般社団法人の口座に株の売買代金を入金させた上で、「寄付金受領書」や「株式譲渡通知書」を送っていたという。

調べに対して、白木容疑者は容疑を認めているということだ。
(「Live News days」5月2日放送)

 

株式売り上げを「寄付金」と仮装容疑 無登録販売の摘発免れる目的か

令和5年5月2日
引用 朝日新聞デジタル

未公開株の売却で得た資金を寄付金名目と偽ったとして、警視庁は、健康食品販売会社「ウィンメディックス」(東京都千代田区)代表の男(45)ら3人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の仮装)容疑で逮捕し、2日発表した。男らが必要な登録を受けずに株式を売却していた行為を隠し、摘発を逃れようとしていたとみている。法人としての同社も同じ容疑で書類送検した。

生活経済課によると、3人は2021年12月~22年3月、実際は同社の未公開株を約1500人に計約7億円で販売しながら、「寄付金受領書」を渡して受け取った資金の名目を寄付金と偽った上で、「株式譲渡通知書」を交付して株式を無償譲渡したように装った疑いがある。代表の男は容疑を認め、他の2人は否認しているという。

代表の男は、必要な登録を得ずに約2千人に同社の株を繰り返し販売したとして金融商品取引法違反容疑で3月に逮捕されていた。調べに「(株の販売が)違反と言われる可能性があったため、株の購入者から寄付金として金を受け取っていた」と話しているという。

男らは「がん治療に効き、副作用のない飲料水を開発している」とうたい、末期がん患者やその家族をターゲットに株の購入を持ちかけていたとされる。同課は、代表の男が17年以降、同社の株を全国約1万5千人に計約80億円分を販売して約8億円を利益として受け取り、キャバクラでの遊興費や高級外車の購入費などに使っていたとみている。

 

「がん治療薬を開発」うたい 株式購入を勧誘していた社長ら再逮捕 株式の購入代金約6億9千万円を“寄付金”装ったか

令和5年5月2日
引用 TBS

がん治療薬を開発しているなどとうたい、無登録で株式を売り出したとして逮捕された会社社長らが、警視庁に再逮捕されました。

健康食品販売会社社長・白木茂容疑者(45)ら2人と、新たに逮捕された取締役の男(40)は、がん患者ら1500人ほどに振り込ませた株式の購入代金6億9000万円あまりを寄付金と装った疑いがもたれています。

白木容疑者らは「がんの新薬を開発中で、承認されれば高額配当がある」などとうたい、国に無登録で株式を売り出したとして、すでに逮捕・起訴されています。

白木容疑者らは株式の売却でおよそ80億円を得ていましたが、配当は一切なく、取り調べに対し白木容疑者は容疑を認め、ほかの2人は否認しています。

 

未公開株売り上げ7億円、寄付に偽装か 社長ら再逮捕

令和5年5月2日
引用 日本経済新聞

国に無届けで販売した未公開株の売り上げ約7億円を寄付金と偽ったとして、警視庁生活経済課は2日までに、健康食品の販売などを手掛ける「ウィンメディックス」(東京・千代田)社長の白木茂被告(45)ら2人=金融商品取引法違反罪で起訴=を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いで再逮捕した。

新たに同社役員の男(40)も同法違反容疑で逮捕した。警視庁によると白木容疑者を除く2人は否認しているという。同庁は組織犯罪処罰法の両罰規定を適用し、法人としてのウィンメディックスも書類送検した。

白木容疑者らの再逮捕容疑は2021年12月〜22年3月、国に無届けで約1500人にウィンメディックスの未公開株を売却して得た約7億円について、寄付金と偽り無償で株式を譲渡したかのように装った疑い。

警視庁によると、白木容疑者らは株を売り出す際、振込先に同容疑者が代表を務める一般社団法人の銀行口座を指定していた。同庁は社団法人への寄付を装う目的だったとみている。

白木容疑者らは、がんに効く飲料の開発などをうたい、未公開株の購入者を募っていたとされる。同課によると、17〜22年にかけて全国の約1万5千人に自社の未公開株を販売し、約80億円を売り上げたとみられる。

 

がん患者に違法な株販売 「寄付」装ったか 社長らを再逮捕

令和5年5月2日
引用 NHK

「がんに効果がある製品開発をしている」などとがん患者や家族を勧誘し、無登録で会社の株を売り出していたなどとして逮捕・起訴された東京の健康食品販売会社の社長らが、違法な株の販売で得た金を「寄付」による集金と装ったとして組織犯罪処罰法違反の疑いで再逮捕されました。

再逮捕されたのは、東京 千代田区の健康食品販売会社「ウィンメディックス」の社長、白木茂容疑者(45)ら3人です。

警視庁によりますと、おととしから去年にかけ、法律に定められた登録を受けずに会社の株を売り出して得た金について、「寄付」による集金と装ったとして組織犯罪処罰法違反の疑いがもたれています。

違法な株の販売で1500人余りから合わせておよそ7億円を集めていましたが、株の購入者に対しては寄付金の受領書を送るなどして無償で株を譲ったように装っていたということです。

調べに対し、社長は容疑を認めているということです。

株の購入者の多くはがんの患者やその家族で「新たながん治療薬を開発中で医薬品として承認されれば高額な配当を受けられる」などと言って勧誘していたとみられますが、これまでに配当は確認されていないということです。

警視庁は去年4月までのおよそ5年間に全国の1万5000人余りに株を売り出し、およそ80億円を集めていたとみて、詳しい状況を調べています。

 

「がんに効果」新薬開発うたい未公開株販売か 容疑で社長ら2人逮捕

令和5年3月9日
引用 産経新聞

「がんに効果がある飲料水を開発する」とうたい、国に届け出ずに未公開株を売り出したとして、警視庁生活経済課は、金融商品取引法違反(無届け売り出しなど)の疑いで、健康食品販売業「ウィンメディックス」(東京都千代田区)の社長、白木茂容疑者(45)=文京区=ら2人を逮捕した。近く法人としての同社も、同容疑で書類送検する方針。

同課は白木容疑者らが、平成29年3月~令和4年4月、全国の約1万5千人から約80億円を集めたとみている。調べに対し、白木容疑者は「勧誘をしたつもりはない」と容疑を一部否認している。

同課によると、ウィンメディックス社は、「ヨウ素を含む、がんに効果がある飲料水を開発する」とうたい、全国でがん患者や患者家族などを相手にセミナーを開き、株主を募集。飲料水が完成し、販売権を外部に売却できれば、株価が上がり、「高額な配当が出せる」としていた。令和3年12月に各地で開いた臨時株主総会では、「特別価格」と称し、本来1株千円のところ、50円で売り出していた。

逮捕容疑は、令和3年12月、国に届け出ずに株主200人に未公開株を売り出し、無登録で株主約2千人に未公開株計8億7千万円分を売り出したとしている。

 

無届けで未公開株勧誘容疑 80億円集金、2人逮捕 警視庁

令和5年3月9日
引用 時事ドットコム

無届けで自社の未公開株購入を勧誘したとして、警視庁生活経済課は9日までに、金融商品取引法違反(無届け募集など)の疑いで、健康食品販売会社「ウィンメディックス」社長白木茂容疑者(45)=東京都文京区関口=ら2人を逮捕した。

白木容疑者は「勧誘したつもりはない」と容疑を一部否認している。

同課によると、同社はがんの治療効果が見込める商品を開発しているとうたって未公開株を販売。「1株1000円だが、95%引きの50円で販売する」として、がん治療に期待する患者やその家族に購入させていた。2017年3月~22年4月に、全国の約1万5000人から約80億円を集めたとみられる。

逮捕容疑は国への届け出をせずに、21年12月に都内のイベント会場で開いた臨時株主総会で、参加した約200人に自社の未公開株購入を勧誘した疑い。

 

“がん新薬”謳い出資募り…無届けで未公開株販売か

令和5年3月9日
引用 テレビ朝日

国に届けを出さずに未公開株を売ったなどとして、がん治療の新薬開発をうたっていた、健康食品販売会社の社長ら2人が逮捕されました。

 「ウィンメディックス」の社長・白木茂容疑者(45)と社員の西昭洋容疑者(42)は、国に届けを出さずに自社の未公開株の購入を勧誘し、販売した疑いなどが持たれています。

警視庁によりますと、白木容疑者はがん治療の新薬開発をうたい、株主を集めていたということです。

2人は2017年3月からの5年間で、全国およそ1万5000人の株主から80億円ほどを集めていたとみられ、配当は行っていませんでした。

取り調べに白木容疑者は一部否認し、西容疑者は容疑を否認しています。

 

「がんに効く飲料開発」と勧誘、無登録で未公開株販売疑い…健康食品会社社長ら逮捕

令和5年3月9日
引用 読売新聞

自社の未公開株を違法に販売したなどとして、警視庁は9日、健康食品販売会社「ウィンメディックス」(東京都千代田区)社長の白木茂容疑者(45)(文京区関口)ら男2人を金融商品取引法違反容疑で逮捕したと発表した。逮捕は8日。警視庁は同社が2017年以降、がんに効く健康食品開発をうたって全国の約1万5000人に未公開株を販売し、約80億円を売り上げたとみている。

発表によると、白木容疑者らは21年12月、国への届け出や金融商品取引業の登録がないのに、都内のイベント会場などで自社株の購入を勧誘し、約2000人に未公開株を計約8億7000万円で販売した疑い。白木容疑者は「未公開株を販売したが、勧誘はしていない」と容疑を一部否認している。

同社は「がんに効く飲料を開発している」などとうたい、がん患者や家族に株の購入を持ちかけていた。購入者には配当金を支払うとも宣伝していたが、同社は株主に一度も配当金を出していなかったという。

 

がん患者などに無登録で株売り出しか 会社社長ら逮捕 約80億円得たか

令和5年3月9日
引用 日テレNEWS

自らを「末期がん患者を救った男」とうたい、がん患者などに登録なしに株を売り、およそ80億円を得たとみられる会社社長ら2人が逮捕されました。

警視庁によりますと、健康食品販売会社「ウィンメディックス」の社長・白木茂容疑者と元取締役の西昭洋容疑者は2021年、国の登録を受けずに、およそ2000人の株主に自社の株を売り出した疑いなどがもたれています。

白木容疑者は自らを「末期がん患者を救った男」とうたい「がんに効く製品を開発できればより多くの配当が出る」などと言って末期がん患者と親族を狙い株主を集めていたということです。

調べに対し、白木容疑者は容疑を一部否認、西容疑者は否認しているということです。

警視庁は、2人が1万5000人以上に株を売り、およそ80億円を得たとみて調べています。

 

無届け株で80億円集金か、社長ら逮捕

令和5年3月9日
引用 共同通信

国に届け出ずに未公開株を売り出したとして、警視庁は9日までに、金融商品取引法違反の疑いで、健康食品販売会社「ウィンメディックス」の社長(45)ら2人を逮捕した。全国の約1万5千人から約80億円を集めたとみている。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700