行政処分・事例 | 先物取引、スカイプレミアム、フリッチクエスト、投資被害、排出権、CO2

登録受けず投資顧問契約 男を金融商品取引法違反の疑いで逮捕(山形)

令和5年6月1日
引用 NHK

かつて庄内地方に住んでいた男が国の登録を受けずに広島県に住む男性と投資顧問契約を結び、株式の買い付けに関するアドバイスを行ったなどとして、警察は1日、この男を金融商品取引法違反の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのはかつて庄内地方に住んでいて、現在は横浜市に住む自称・建設業の武田明典容疑者(42)です。

武田容疑者は、ことし1月頃、国の登録を受けずに、広島県に住む70代の男性に対して、株式の買い付けの判断に関するアドバイスをしたなどとして金融商品取引法違反の疑いがもたれています。

警察の調べによりますと、武田容疑者は男性に電話をかけて勧誘し、投資顧問としての契約を結んだ上で、金を受け取っていたということです。

警察は男が受け取っていた金額や認否を明らかにしていません。

警察は、2人が知り合ったいきさつなどを調べるとともに、余罪があるものとみて、調べを進めることにしています。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700