行政処分・事例 | 先物取引、スカイプレミアム、フリッチクエスト、投資被害、排出権、CO2

証券会社支店長の立場を利用か…顧客女性から500万円だまし取った疑いで元証券マンを逮捕(静岡)

証券会社元支店長を再逮捕 浜松市顧客から2900万円詐取か

令和5年12月4日
引用 NHK

名古屋市に本店を置く証券会社「豊証券」の元支店長が、浜松市の顧客から投資の名目で現金2900万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで再逮捕されました。

再逮捕されたのは、名古屋市中区に本店を置く「豊証券」の豊橋支店で支店長を務めていた武田圭章容疑者(46)です。

警察によりますと、武田元支店長は浜松営業所の所長を兼務していた2020年9月から去年10月にかけて、浜松市に住む53歳の顧客の女性に対し、「特別に用意した商品を買い足しませんか」などとうそをついて、投資の名目であわせて現金2900万円をだまし取ったとして詐欺の疑いがもたれています。
警察は認否を明らかにしていません。

武田元支店長は、2020年8月から9月の間に同じ女性から投資の名目で現金500万円をだまし取ったとして、11月に逮捕されていましたが、この容疑については4日に処分保留となりました。

証券会社では、元支店長が複数の顧客から受け取った多額の現金を着服した疑いがあるとして、去年10月に警察に相談していて、去年12月には懲戒解雇の処分にしていました。
元支店長の再逮捕について「豊証券」は「高い倫理観が求められる金融機関としてこのような事態を招いたことを厳粛に受け止め、深く反省しております。お客さまに心からおわび申し上げます」とコメントしています。

 

「特別に用意した商品を買い足さないか」金融商品投資名目で女性から2,900万円詐取か 証券会社で働いていた男を再逮捕 現金は手渡し…被害総額は3400万円に=静岡県警

令和5年12月4日
引用 静岡放送

証券会社に働いていた46歳の男が「特別に用意した商品がある」などといって、浜松市内に住む女性から現金500万円をだまし取ったとして逮捕された事件で、この女性から、さらに約2年にわたって計2,900万円をだまし取っていた疑いで、12月4日、警察に再逮捕されました。

詐欺の疑いで再逮捕されたのは、愛知県稲沢市の会社員の男(46)です。男は証券会社で働いていた2020年9月下旬から約2年わたって、浜松市西区に住む50代女性に「特別に用意した商品を買い足さないか」「特別に用意する商品に切り替えたほうがいい」などとうそを言って、金融商品投資名目で19回にわたって計2,900万円をだまし取った疑いがもたれています。

警察によりますと、男は浜松市内にある証券会社の営業所に勤務していて、被害者の女性は客だったということです。2022年、証券会社から「不正な取引があった」と警察に届け出があり、事件が発覚。男は「特別に用意した商品がある」などとうそをつき、この女性から現金500万円をだまし取った疑いで、11月に逮捕されていました。女性は男に直接現金を手渡していたということです。

警察は、男の認否を明らかにしていません。余罪のほか、男はだまし取った金をどのように使っていたのかなど、引き続き捜査を続けています。

 

元証券会社支店長の男を再逮捕…「特別に用意した商品を買い足しませんか」と2900万円だまし取ったか 浜松市

令和5年12月4日
引用 静岡朝日テレビ

浜松市の顧客の女性から、投資を名目に現金2900万円をだまし取ったとして、愛知県の元証券会社支店長の男が再逮捕されました。

詐欺の疑いで再逮捕されたのは、愛知県に本社を置く豊証券の元豊橋支店長兼浜松営業所長の46歳の男です。警察によりますと、男は2020年9月下旬から去年10月中旬の間に、浜松市の顧客の女性に対し、「特別に用意した商品を買い足しませんか」などと嘘をつき、投資の名のもと19回に渡り現金2900万円をだまし取った疑いが持たれています。

警察は去年10月に証券会社から通報を受けて捜査していて、男は11月、同じ女性から同様の手口で現金500万円をだまし取った疑いですでに逮捕されていました。捜査を進める中で、今回の容疑も浮上したということです。

警察の調べに対し、男は黙秘していますが、警察は余罪の可能性があるとみて捜査しています。

 

証券会社支店長の立場を利用か…顧客女性から500万円だまし取った疑いで元証券マンを逮捕 浜松中央警察署

令和5年11月14日
引用 静岡朝日テレビ

証券会社に勤務していた立場を利用して投資目的と嘘をつき、顧客の女性から現金500万円をだまし取ったとして、愛知県の男が逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、愛知県に本社を置く豊証券の元支店長の男(46)で、2020年の8月下旬から9月上旬の間に、当時務めていた証券会社の顧客で、浜松市西区に住む女性に「特別に用意した商品がある」「2年の運用で必ずお金が戻る」と嘘をつき、金融商品の投資名目で現金500万円をだまし取った疑いが持たれています。

警察によりますと、事件当時、男は証券会社の豊田支店長兼浜松営業所長として勤務していた立場を利用したとみられていて、去年10月に証券会社から通報を受けた警察が取引の履歴などを調べていく中で、男の容疑が浮上しました。警察は男が容疑を認めているか明らかにしていませんが、数千万円規模の余罪の可能性があるとみて、手法などを捜査していくとしています。

男の逮捕を受け、豊証券はホームページ上で、男を去年12月付で懲戒解雇処分にした上で「高い倫理観が求められる金融機関として、このような事態を招きましたことを厳粛に受け止め、深く反省いたしております。お客さまに心からお詫び申し上げます」とのコメントを発表しています。

 

 


該当する方は早めに専門家へ相談してください。
専門でないと、
「あきらめなさい」
「どうせ取り返せない」などと言われます。

 

無料相談フリーダイヤル 0120-048-700